Arch Museum ときたま B'z

B'z『だからその手を離して』は安定志向からの脱却を綴った歌

こんにちは、稲葉さんの歌詞を研究する会代表の中の谷のナウシカです。

㊥の谷のナウシカ@リモート大学生 (@sssnnn0911188) | Twitter

 

B'zファンの方はこちら↓↓

㊥の谷のナウシカ@B'zブロガー (@918nak) | Twitter

 

だからその手を離して

 

B'zのデビュー曲『だからその手を離して』

 

一見するとこの曲は、束縛してくる「お前」とそれにうんざりする「僕」のストーリーのような感じがします。

 

ぼくはこの曲を夢に向かう「僕」とそれを冷ややかな目で見る「お前」についての曲だと思っています。

 

夢、野望、願望がある人は「僕」の気持ちが分かるのではないでしょうか。

 

 

それでは見ていきましょう。

 

 

夢見ごこちの easy time

いつものようにおまえがしゃしゃり出てきた。

 

おかたいその言葉で 

どこまでも僕をがんじがらめにする 

 

why ? どういうつもり いつまで夏にしがみついているの

 

 

これは主人公の「僕」が未来について、夢についてあれこれ考えているときのお話です。

 

あれをやってみたい、これもやってみたいと、未来について考えることはとても楽しい夢見ごこちな時間です。

 

しかしそんなときにいつものように「お前」がしゃしゃり出てきます。

 

「お前」はいつも夢を語る「僕」に向かってこう言うのです。

 

「そんな夢ばっか見ていないで現実のことを考えたら?やりたいこと、夢を叶えるためにはそのためのお金やスキルが必要なんだよ。」

 

夏というのは華やかで楽しい季節。「お前」の目には、「僕」はいつまでも夏にしがみついているように映るのでしょう。

 

この『why ? どういうつもり いつまで夏にしがみついているの』というフレーズは一見「僕」が「お前」に言ってるような印象を受けます。

 

けれども、ぼくは「お前」が「僕」の夢や理想論ばかり語る姿を見て口にした言葉なんじゃないかと解釈しました。

 

 

リクエストには答えられないよ

 

だからその手をはなして 今すぐ get out of my way

ひとりでも大丈夫さ ここにはなにもない

 

 

 「お前」の安定志向なおかたい言葉を聞いた「僕」。

夢や理想をあきらめることは当然できません。

 

『だからその手をはなして。ひとりでも大丈夫。ここにはなにもない。』

これは「僕」の胸の内の言葉でしょう。

 

夢や理想を追い求めたい「僕」にとって「お前」と一緒にいることは正直、苦痛なのです。足を引っ張られるのです。

 

"ここ"とは「お前」のような人がいる場所。

会社のひと、学校の同級生、親といったように「僕」に安定や現実路線を突きつける存在

 

そんな存在とは距離を取って前に進みたい。そんな「僕」の心境をつづったフレーズです。

 

 

目も眩むような 僕の main street

お前はまだ 路地から目をぎらつかせて

 

鼻につくその臭い

遠慮もなしに しつこくつきまとってる

 

why ? どういうつもり 一体何がほしいのさ tell me

 

 

「僕」は夢を追い求める華やかな道を進んでいきたい。

 

「お前」はそんな「僕」を冷ややかな目で見つめ、こういうのです。

「なぜそんなことをしているの?なにがしたいの?」

 

 

いい加減に 目を覚ましてくれ 

 

だからその手をはなして 今すぐ get out of my way
ひとりでも大丈夫さ ここにはなにもない

 

はやくその手をはなして とりあえず get out of my way

かくれたりしないよ ここにはなにもない

 

wanna be without you

 

 だからその手をはなして 今すぐ get out of my way
ひとりでも大丈夫さ ここにはなにもない

 

はやくその手をはなして とりあえず get out of my way
かくれたりしないよ ここにはなにもない

 

wanna be without you

 

 

「僕」は「お前」にうんざりしてしまう。

「お前」が重しになって「僕」は前に進めないんだ。

だから「僕」は「お前」の手を離して生きていく。

 

 

○○をやり続けたいという夢を持った人がいたとしましょう。例えば音楽。

 

音楽が好きでそれをやり続けたい。ステージに立つ夢をかなえたい。

 

けれど、そんなあなたを見て

「そんなの一握りの人しかなれないんだから厳しいでしょ。趣味でやるぐらいでいいんじゃない?」って言ってくる人が大勢いることでしょう。

 

あなたはそんなことはとうの昔に分かってるはずです。

そう言ってくる人の話を聞いていても先に進むことができないことも分かってるはずです。

 

この曲はそんな心の葛藤を描いた歌ではないでしょうか。

 

だから、その手を離しましょう。

 

半歩でも進めるなら景色は少しずつ変わっていゆく。(B'z / 光芒)

 

『だからその手を離して』と『光芒』をセットで聞くと勇気が湧いてきます。

 

www.naushikablog.com

 

 


B'z / だからその手を離して

 

 

だからその手を離して

だからその手を離して

 

 

 

 

 

読んでいただきありがとうございました。

ツイッターのフォローもお待ちしております!

 

 

では、(^_^)/~